Leica × NIHONBASHI | 日本橋さくら通り | スナップ

憧れのLeica M10を購入した帰りにそのまま東京駅近くの日本橋さくら通りで試し撮り。

購入時に無理を承知で店員さんに「すぐに撮影したいんですけどバッテリーの充電とかってお願いできませんよね…???」と無理を承知で伝えたらあっさりOK。

更に「撮影の邪魔になるでしょうから元箱と不要なアクセサリー類は後日宅配でお届けしましょうか?」と神対応。

本当にありがとうございました。マッ◯カメラさん。

【記事内写真の撮影機材はこちら】
Leica M10
ZEISS Biogon T* 2/35 ZM

桜スナップ

東京駅で降りて八重洲口からさくら通り方面へ歩きながら撮影。

ライカの物理ボタンの数の少なさとメニュー画面の設定項目の少なさとシンプルさにびっくり。色々設定してから撮り始めようとしましたがよく分からず…。(笑)

特に背面液晶の明るさオートの変化に戸惑って露出がグダグダになってしまいました。測光モードの癖もあるんですかね?ヒストグラムの出し方も分からず。

帰りの電車の時間まであまり時間もなかったので今回はデフォルトのまま撮りました。

数年前にもさくら通りに写真を撮りに来た記憶があるがその時に近くの施設の再開発?で桜の木が切られていた気がしたのでもうここで桜の写真は撮れないと思っていました。

凄く綺麗。ほぼ満開。

風が吹くと散り始めていた。

明るいレンズを買ったらついつい開放ばかりで撮ってしまう私なので今回同時に購入した ZEISS Biogon T* 2/35 ZM もずっとF2で撮影してました。笑

光の強い場所など撮影条件によっては開放はポワッとした写り。開放からキレッキレな写りが好きな自分はあまり好きではないが絞ると凄くシャープ。

周辺減光は結構あるけどコレが立体感を増幅させる味になっていると思うのでコレは好き。

桜のトンネル。

こっちも桜吹雪。

まとめ

Leicaで写真を撮っているという自己満足感と今年初めての桜撮影で楽しくて夢中でシャッターを切っていたらあっという間に帰らなくては行けない時間。

前回の記事で書いたように初期不良でこの後返品交換になるので初めに手にしたLeicaM10はこの撮影で使っただけで終わってしまった。笑

都会の桜を撮るのが好きで毎年のように東京で桜を撮っていたのですがコロナ禍になってからは控えていました。

今回は1時間程しか滞在できなかったのですが来年の春にまた撮りにきたい。

日本橋 さくら通り

最新の記事はこちら↓