【レンズ】Leica M10の為に購入した物。欲しい物。【アクセサリー】

※2022/6/21 追記

新しいカメラを購入したらアクセサリーを色々欲しくなりますよね。

お財布の紐が緩み過ぎて冷静な判断ができずに必要の無いものまで買ってしまう。

今回はleica M10の為に購入したものと欲しい物を記事にしてみました。

買ったもの

ZEISS Biogon T* 2/35 ZM

ZEISS Biogon T* 2/35 ZM(カールツァイス ビオゴン)はLeica M10のボディーと同時に購入。

選んだ理由は「とりあえず無難な1本を」です。

※2022/6/21 現在使用頻度が極端に少ない為手放すかも。

Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM

Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Asphercal VM(フォクトレンダー アポランター)結局すぐに買い足してしまった50mmレンズ。

RGBの3本ラインデザインがお気に入り。

レビューを書いてみました。記事はこちら↓

ライカ M10用 リチウムイオンバッテリー BP-SCL5

Leica M10はライブビューをあまり使わずファインダー撮影メインでもバッテリーの減りは早い。

1日撮影するなら予備バッテリーは必須。

社外品は多分存在しないので高いけど純正一択。そもそもライカを使うようなユーザーは社外バッテリーは使わないのかも。

ライカ M10-P用 ホットシューカバー silver

M10シルバークロームに付属のホットシューカバーはブラックのプラスチック。

シルバークロームのボディーにどうしてもブラックが浮いているのが気になってネットで調べていたらM10-P用の純正ホットシューカバーが使える事を知りすぐLeica銀座へ向かいました。

値段も¥3,300と純正アクセサリーにして良心的な値段。

質感も金属製なのでずっしり重くしっかりしていて見た目も大満足のアクセサリーです。

Amazon kinokoo Leica M10 専用ボディーケース PUレザー

Leicaボディーを買うとボディーケースも買いがち。

M6を買った時もすぐに購入してしまった。

M6購入時は奮発してアルティザンアーティストのケースを買ったけどバッテリーやSDカードを交換時に付け外しが面倒になって使わなくなったら勿体無いからとAmazonで激安のボディーケースを購入。

¥2,000程だったので質感などは期待していなかったのですが想像以上にしっかりしていて満足。

底面にLeicaのロゴ付き。笑

数日間使用した結果やはり取り外しが面倒。

お財布に余裕があればやはりアルティザン&アーティストのケースが欲しいな。↓

気になるもの

Leica純正 M10/M11用 サムレスト シルバー

カメラを構えた時に親指に当たる位置に引っかかるような突起があるのですが頼りない感じ。

サムレストがあれば更に握りやすいんだろうなと思っていますが結構なお値段。

社外品でも良いかなぁ〜でも純正の方がいいかなぁ〜と悩みながら検討中。

Carl Zeiss レンズシェード

LeicaM10アクセサリーというよりZEISS Biogon T* 2/35 ZMのレンズアクセサリー。

いわいるレンズフード。

このレンズにフードを付けた見た目が凄く好みなので見た目だけの理由で欲しい。

マップカメラ新品で¥7,000、中古は¥4,500円ぐらい。

うーん、高い。

まとめ

冒頭にも書きましたが、新しいカメラやレンズを買うとついつい関連アクセサリーやグッズを探してしまいお財布の紐が緩みがち。

結局使わなくなったり購入した事を後悔する事も多々あるけどそれもカメラライフの楽しみ方という事で。

Leica M10を購入してから1ヶ月しか立っていませんが色々な意味で頭を抱えています。

「次は何を買おうかな」

ではまた。

最新の記事はこちら↓